2014-05-07

新しいスマートフォンを買った

最近よく身の回りのものが壊れる気がする。ポータブルHDも壊れたので購入したし、ノートPCも壊れたのでMacbookProを購入した。次はスマホだ。最近ちょくちょく電源が勝手に切れていることがあったのは、完全に壊れることの予兆だったのかもしれない。

愛用のHTC Desire HDがついに電源が入らなくなったのだ。結構高価な機種で性能も高かったのでずいぶん長いこと使っていた。厚くはないけど画面が大きく重かった。それでも何でもできるいい機種だったので愛着がある。SIMロックを解除してエストニアでも現地の電話会社のSIMカードを使って一年間使っていたが、それ以前にも日本で2年ほど使っていたわけだから、結局3年以上使っていたことになる。今どきスマホをこんなに大切に長々と使うやつも少なそうだ。

私はTwitterやFacebookをケータイでやらないし、LINEやゲームもやらないので性能の高さや大きな画面は必要なかった。壊れてしまった前機種でもオーバースペックだったのだ。なので次は安くてできるだけ小さく軽いスマホにしようと考えていた。

街のケータイショップには最新の高価な端末がたくさん並んでいるんだけど、私がほしいのはそれらではない。高解像度もいらないしマルチコアCPUもいらない。ちょっとした調べ物をすぐできるようなブラウザとOutlook.comと同期して閲覧できるカレンダー、あとはテザリングさえできれば機能としては十分で、あとは持ち歩きに便利なように軽くて小さいことが大切だった。

街のケータイショップで次のスマホを探すのは諦めて普通のパソコンショップに行ってみると、ガラス製のショーケースにはSONYのXperia Eという機種が89ユーロという破格で並んでいた。そのとなりには韓国製の59ユーロのスマホもあったのだけど、Youtube上のレビューで酷評されていたのでスルーした。電気製品は日本製に限ります。先進国で設計された商品じゃないと、安物買いの銭失いになってしまうことは23年も生きてきたらだいたいわかりました。

選んだ色は赤。

手触りも良くて今までのスマホより格段に小さく軽くなったから大満足。液晶が荒くなったので文字は綺麗じゃないけど、ポケットに入れても全然邪魔にならない可愛いやつだ。

もちろんSIMフリーなので日本に帰ってからも使える。いい買い物ができたかな。