2013-03-21

SmugMugのススメ

SmugMugという写真管理用のネットサービスを使うことに決めた。 年間40ドル、もしくは月5ドル(いまだと500円くらいかな)で無制限に写真を保存できるサービスだ。 データ保存サービス自体は世界中にたくさんあるのだが、Smugmugは写真に特化している。

なにがステキなのかをちょっと説明すると…

  • いくらでも保存できる

まずこれ!完全に無制限なのでいままでバックアップしていたDVDとかから全部Smugmugにコピーして、メディアは捨てた! 写真一枚あたり50MBまで大丈夫らしいので普通の一眼レフじゃまったく制限されない。

  • 安全性が恐ろしく高い

Amazonの運営してるAWS上に構築されたサービスなので、S3の堅牢性やスピードをそのまま享受できる。 一度アップロードしたファイルは即座に複数の大陸に設置されたデータセンターにコピーされるので、未曾有の大災害に見舞われてもまずデータは無事である。 Amazonによれば、「最大99.999999999%の耐久性と99.99%の可用性でデータを格納します。」とのことなので安心していいんじゃないかな。

  • アップロードが速い

アップロードしたい写真を選択し、そのままブラウザ上にドラッグするだけで送信が開始される。これがなかなか速い! 同時に3つまで送信されるので大量の写真があってもわりとサクサク進みます。 写真の保存にはAmazonS3を使っているそうなので、東京リージョンなんだろうなぁ。

  • 管理がしやすい

アップロードした写真は、「ギャラリー」という単位で管理できる。まぁ言ってしまえばフォルダみたいなものなんだけど、このギャラリーを閲覧するときがすごい。 サムネイルも一瞬で表示されるしソートも撮影日順とか名前順とかできるから、複数のカメラを使って撮影してしまってファイル名が乱れていても補正してくれる。

  • 公開・非公開が柔軟

私はすべてのページを非公開にしているけど、たとえば友達と行った旅行の記録を仲間内だけで公開したいってことも簡単にできる。 予測されないようなURLを発行したり、パスワードでアクセス制限を掛けたりが簡単に行える。

  • 広告やスパムが存在しない

まぁこれは当たり前か。当たり前のことができないWebサービスは枚挙に暇が無いけれど。無駄がないのはいいことだ。

  • 写真をグッズにできる

使うかどうかはわからないけど、写真を家に飾ったりするときに便利な印刷サービスを行ってくれるらしい。 アルミニウム板への印刷は発色が鮮やかで耐水性もあるからいつか使ってみたいなー。 あとマグカップとかトートバッグとか、そういうのもつくってくれるみたい。カレンダーとかポストカード以外にも超豊富(笑)

気に入ったのでBasicプランを一年分買おうと思ったのだが、ここでクーポンを持っていればディスカウントされるらしい。

こういうのって大抵検索するとクーポンコードがたくさんヒットするので、いつものように「smugmug coupon」で検索してみると普通にヒット!

割り引いてもらったところで契約するのだが、ここでSmugmugオリジナルのペイメントシステムとAmazonPaymentのどちらを使用して決済するか選択する。 私はメインのクレジットカードをJCBにしているので必然的にAmazonを使うことになるけど、まぁここはどっちを使ってもいいと思う。 VISAもMasterも持っているんだけど、国内の企業を通した方が安心できるかな。

そんなわけで長年追い求めていた大量のデジタル写真の保存方法探求に終止符が打つことができそうだ。 結局 FD -> CD -> DVD -> NAS -> SkyDrive -> SmugMug という流れで保存方法を変えてきたが、今回の選択は完璧なものに近い。 まだ使い始めて一週間だけど、ここで落ち着けるといいなぁ。

英語版しかなさそうだし、日本ではほとんど話題になっていないサービスだけど、これ本当にオススメです! 興味があればぜひどうぞ。→SmugMug