2014-02-13

英čĒžãŽčŠą

エ゚トニã‚ĸではæ—ĨæœŦäēēとäŧščŠąã‚’する抟äŧšãŒãžãšã‚りぞせん。éĻ–éƒŊã‚ŋãƒĒãƒŗでこうãĒぎですから、きãŖとäģ–ぎéƒŊ市でも同じようãĒ感じだと思いぞす。銚くずきことãĢエ゚トニã‚ĸäēēãŽč‹ąčĒžčƒŊåŠ›ã¯éžč‹ąčĒžåœã§ã¯ä¸–į•ŒįŦŦ4äŊ(å‚č€ƒ)とされãĻおり、éĢ˜éŊĸč€…ã‚„å°å­Ļį”Ÿã§ãĒい限りį‰‡č¨€äģĨ上ぎãƒŦベãƒĢで大æŠĩぎエ゚トニã‚ĸäēēがæĩæšĸãĢ英čĒžã‚’操れぞす。大きãĒデパãƒŧトãĒおãĢčĄŒãã¨ã€åē—å“Ąã•ã‚“ãŽčƒ¸ãĢäģ˜ã‘られたネãƒŧムã‚ŋグãĢいくつかぎå›Ŋæ——ãŒå°ã•ãå°åˆˇã•ã‚ŒãĻおり、これがそぎ゚ã‚ŋッフがæŽĨåŽĸãĢäŊŋãˆã‚‹č¨€čĒžã ã¨ã„ã†čĄ¨č¨˜ãĢãĒãŖãĻいぞす。

æ­´å˛įš„ãĒįĩŒįˇ¯ã‚‚ã‚ã‚Šãƒ­ã‚ˇã‚ĸčĒžã‚‚よく通į”¨ã—、ぞた地į†įš„ãƒģ言čĒžįš„ãĒčŋ‘さもあることからフã‚ŖãƒŗナãƒŗドčĒžã‚’äŊŋえるエ゚トニã‚ĸäēēã‚‚ã‚ãšã‚‰ã—ãã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚å¤šč¨€čĒžčŠąč€…というぎがæĨĩめãĻ希少ãĒ存在であるフナãƒŗã‚šã‚„æ—ĨæœŦ、イゎãƒĒ゚や゚ペイãƒŗã§ã¯ãŠã‚ˆãč€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĒã„å‰˛åˆã§ãƒã‚¤ãƒĒãƒŗã‚ŦãƒĢやトナイãƒĒãƒŗã‚ŦãƒĢがいぞす。しかもそれらぎčƒŊ力をãģとんおį‰šåˆĨãĒもぎとãŋãĒしãĻいãĒいようãĢčĻ‹å—ã‘ã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚č¨€čĒžæ•™č‚˛ã¯å°å›Ŋエ゚トニã‚ĸが世į•Œã¨å¯žį­‰ãĢæ¸Ąã‚ŠåˆãŖãĻいくぎãĢåŋ…čĻä¸å¯æŦ ãĒぎでしょう。

æĨずかしãĒがらį§ã¯ã‚¨ã‚šãƒˆãƒ‹ã‚ĸčĒžãŒãžãŖたくわかりぞせん。「テãƒŦīŧˆã“ã‚“ãĢãĄã¯īŧ‰ã€ã€Œã‚ĸイã‚ŋīŧˆã‚りがとうīŧ‰ã€ã€Œãƒ‘ãƒĢãƒŗīŧˆãŠã†ã„たしぞしãĻīŧ‰ã€ã€Œã‚Ļク゚īŧˆä¸€ã¤īŧ‰ã€ã€Œãƒ†ãƒĢヴã‚Ŗã‚ģク゚īŧˆäšžæ¯īŧ‰ã€ã ã‘がį§ãŽã‚¨ã‚šãƒˆãƒ‹ã‚ĸčĒžãŽå…¨įŸĨč­˜ã€‚åŠåš´äģĨ上過ごしãĻã„ãžã™ãŒã€č‹ąčĒžãŽãŋをäŊŋãŖãĻ授æĨ­ã‚’å—ã‘ã€č˛ˇã„į‰Šã‚’し、æ—Ĩ常ぎäŧščŠąã‚’čĄŒãŖãĻいるため、čĒžå­Ļįŋ’åž—ãĢ情į†ąãŒæŦ į‰‡ã‚‚ãĒいį§ã¯æœĒだãĢエ゚トニã‚ĸčĒžãĢいくつぎã‚ĸãƒĢãƒ•ã‚Ąãƒ™ãƒƒãƒˆãŒå­˜åœ¨ã™ã‚‹ãŽã‹ã™ã‚‰įŸĨらãĒい始æœĢです。

ところがそういうį’°åĸƒãĢįŊŽã‹ã‚ŒãŸãŸã‚ã€č‡Ēåˆ†ãŽč‹ąčĒžčƒŊ力はãģãŖといãĻも上がãŖãĻいきぞす。世į•Œå„å›ŊãĢč˛§äšæ—…čĄŒã‚’įš°ã‚Ščŋ”しぞしたが、æ—ĨæœŦäēēぎようãĒæ—…čĄŒåĨŊきぎ民族はたいãĻいぎčĻŗ光地ãĢおり、ぞたįžåœ°ã§æšŽã‚‰ã—ãĻいるæ—ĨæœŦäēēもäŊ•äēēかいるぎが通䞋でした。バãƒĢト3å›ŊãŽã‚ãŸã‚Šã¯å…ˆé€˛å›ŊとしãĻは䞋外ãĢčŋ‘いかもしれぞせん。少ãĒくともエ゚トニã‚ĸでæ—ĨæœŦčĒžã‚’äŊŋう抟äŧšã¯ä¸€åˆ‡ãĒいぎです。

į§ã¯ã‚‚ã¨ã‚‚ã¨č‹ąčĒžãŒåĨŊきではãĒく、į•™å­Ļ前でもそれãĒりãĢčĒ­ãŋ書きやäŧščŠąã¯ã§ããžã™ãŒãã‚Œã‚‚「しかたãĒく」「åĢŒã€…ãĒがら」äŊ•åš´ã‚‚かけãĻå­Ļįŋ’したįĩæžœãĢよるもぎです。掋åŋĩãĒがら世į•ŒãŽå…ąé€ščĒžã¯č‹ąčĒžã§ã‚ã‚Šã€č‹ąčĒžãŽæ¯å›ŊčĒžčŠąč€…ãĢとãŖãĻäŊåŋƒåœ°ãŽã‚ˆã„世į•ŒãĢį§é”はį”ŸããĻいぞす。母čĒžãŒčŠąã•ã‚ŒãĻいるå›Ŋからč‡Ē分ぎ意åŋ—でéŖ›ãŗå‡ēしたįĩæžœã§ã™ã—それを垌悔しãĻはいぞせんが、į•™å­Ļは勉åŧˇã‚„文化ぎ違いãĒんかよりも、į§ãĢとãŖãĻīŧˆãŠãã‚‰ãã¯å¤§æŠĩぎæ—ĨæœŦäēēį•™å­Ļį”ŸãĢとãŖãĻもīŧ‰č¨€čĒžãŽåŖã“そがもãŖとも厚くéĢ˜ã„åŖã§ã‚ることãĢ間違いありぞせん。

それでもãĒã‚“ã¨ã‹æ°—åˆã¨æ šæ€§ã§åŠåš´ã‚‚č‹ąčĒžã¨å…ąãĢ暎らしãĻしぞうとæ…ŖれãĻくるもぎです。最初ぎ頃はäŧščŠąã‚‚įļšã‹ãĒいわ授æĨ­ã§æŒ‡ã•ã‚ŒãĻã‚‚č¨€č‘‰ãŒå‡ēãĒいわãƒŦポãƒŧトを文æŗ•ãƒã‚§ãƒƒã‚ĢãƒŧãĢかけたら間違いだらけだわとč‹Ļしãŋもありぞした。でも攞ãŖãĻおいãĻも時間は過ぎぞすし授æĨ­ã¯é€˛ãŋぞす。åĢŒã§ã‚‚受けãĒきゃいけãĒいåŋ…äŋŽãŽæŽˆæĨ­ã ãŖãĻありぞす。わからãĒいことがあればčĒ°ã‹ãĢč¨Šã‹ãĒいと単äŊã‚’čŊとすかもしれぞせんしね。でもäēē間というぎはčŋŊいčžŧぞれるとそれãĒりぎ力をį™ē揎するãŋたいです。いいかげんãĢį”ŸããĻたãŖãĻæĨŊã—ãå•éĄŒãĒく暎らせãĻぞす。

もし新しくヨãƒŧロッパįŗģãŽč¨€čĒžã‚’å­ĻãŗたいぎãĒらそぎå›ŊãĢį•™å­Ļã™ã‚Œã°ã„ã„ã§ã™ã—ã€ã‚‚ã—č‹ąčĒžã‚’あるį¨‹åēĻäŊŋえるãƒŦベãƒĢãžã§æŒãĄã‚ã’ãŸã„ãĒらやãŖãąã‚Šãƒ¨ãƒŧロッパãĢį•™å­Ļするというぎがおすすめです。æ—ĨæœŦをå‡ēãĻそこらčžēãŽč‹ąčĒžå­Ļæ ĄãĢå…Ĩå­Ļするぎはį§ã¯æ™‚間がもãŖたいãĒいと思いぞす。大å­Ļや大å­Ļé™ĸãĢå…Ĩå­Ļすれば、世į•Œã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“æ—ĨæœŦãĢ帰å›Ŋ垌も永䚅ãĢäŊŋえるå­ĻåŖĢやäŋŽåŖĢぎčŗ‡æ ŧが手ãĢå…Ĩるぎです。しかもヨãƒŧロッパãĒらæ ŧ厉で。

そろそろį•™å­ĻしたくãĒãŖãĻきぞせんかīŧŸã€€ãƒ¨ãƒŧロッパãĢ。垅ãŖãĻぞすīŧ